節分行事「鬼は外~福は内~」

今年もクリッパーズで恒例の節分行事を行いました。

2月1日(土)は恵方巻を作って皆で食べました。簀巻きに1枚の海苔を置き、酢飯を敷き、卵焼きやカニカマ、サンマの蒲焼、キュウリ、沢庵等の好きな具材を乗せ、簀巻きで巻いていく作業を1人1人、実際に体験してみました。

全員出来たところで、テーブルに就き、今年の恵方である西南西やや西の方角を向いて、「いただきます」の挨拶をした後、皆おしゃべりをせず、黙々と食べていました。

2月3日(月)は豆まきを行いました。「節分になぜ豆をまくのか」、それは魔を滅するため、つまり「魔滅(まめ)」から豆をまくようになったということを確認した後、豆まきを開始しました。

今年は普通の鬼の面をした鬼のほかに、子ども達が自分たちで鬼の面を作り、それらの鬼に向かって、「鬼は外」と声を出して豆(正確には福豆の入った袋)を鬼にぶつけました。鬼が退散したところで、今度は「福は内」と言って、育成室の中に豆をまき、最後は天井に向かって、「福は内」といって豆を投げ上げて終了しました。 その福豆はおやつの時、自分の歳の数または1つ多い数を数えて食べ、さらに袋に残った豆も美味しく食べていました。

.jpg